2017年3月10日金曜日

no.0015 「行動するのに必要なこと2」

シーンに合わせてこの2つを使い分ければよい。

例えば自らが一歩前に踏み出したいときにはこれ。




行動するのに必要なことは2つだけ。

ひとつは、目的を肚に落とすこと。

もうひとつは、完璧を求めないこと。




「完璧を求めないこと」

これは、やりたいという思いはあるのに

実行するまでの勇気が出ないときに使える。




例えば、ブログを書きたいと思っても

何を書けばいいかわからないとか、

どうにも書き出しで詰まってしまうとか、

そういう時には

「上手くやろう」としている自分の心が

必ず潜んでいる。




公開するのに堪えうる内容かどうか。

読んだ人がどう思うのか。

もっと内容のよいものにしないと。




完璧を求める心が、あなたの行動を止めている。




ビジネスの世界では

「商品は4割できれば出していい」

という考え方がある。

残りの6割は、市場の声を聴きながら

少しずつ良くしていけば良い。




これは、始めから100点満点が出せるとは

思っていないからこその発想である。




完璧を求めることは否定しないが、

はじめからそれを求めると人は前に進めない。




完璧は、経験を積んだ先にある。

はじめは、へたくそで当然である。




これくらいの潔さが、

行動する勇気を与えてくれる。


0 コメント:

コメントを投稿

気付きがあれば何でもシェアしてください!