2017年2月26日日曜日

no.0003 「夢はありますか?」

答えられなくても、悲しむことはありません。




「将来やってみたいことはありますか?」

「定年後って何かしたいことありますか?」

「憧れの、なってみたい、芸能人っていますか?」

「お金も時間もあったら、何しますか?」

「死ぬ前に何できてよかったと思えたらいいと思います?」





視点を変えてみると。

切り口を変えてみると。

言葉を変えてみると。




意外とスラスラ答えられたりなんかしちゃって。




「なんだ、夢、ありましたね!」

「あ、これって私の夢だったんですね!」

なーんて気付けるかもしれない。




夢を考えるときに、夢という言葉だけを頼りにしないで。

自分に合った言葉に変換してみよう。




やりたいことがわからないと

落ち込んでいた自分へ。



0 コメント:

コメントを投稿

気付きがあれば何でもシェアしてください!