2016年4月25日月曜日

リコネクティブ・ヒーリング体験談

先日、30分間の遠隔リコネクティブ・ヒーリングを
2回体験させていただきました。
今回はそのリコネクティブ・ヒーリング体験談について
シェアさせていただきたいと思います。

リコネクティブ・ヒーリングとは、
ものすごくカンタンに説明すると
リコネクト周波数を受け取ることによって
宇宙と再結合すること
=リ(=Re)コネクト(=Connect)することです。
これにより、私たちをバランスの取れた最適な状態に戻してくれます。

※詳しくは公式サイトをご覧ください。


このリコネクティブ・ヒーリングを受けた際、
リコネクション周波数に対する体の反応として、
「レジスター」という生理的な反応が自動的に起こる場合があります。

実際に体が動くだけでなく、
においや音が聞こえるなど人によって様々なようですが、
今回私もレジスター反応を体感できました。


★1回目の遠隔リコネクティブ・ヒーリング:
自宅のベッドにて横になり、目を瞑って待機。
遠隔ヒーリングですので、
プラクティショナー(ヒーラー)さんがいるわけでもなく
部屋には私一人、です。

開始早々から、お腹がぎゅるぎゅると動き、
しまいには自分でも驚くほどの大きな音が鳴りました。

その後、お腹をぐ~っと押される感覚があり、
「(誰もいないのに~!)」
と思わず笑ってしまいました。

身体に渦巻く感覚が少し。
また、左ひざと首筋にふわっとこそばゆい感じがしました。

後半にはゆっくり、身体の主に上半身が伸ばされ、縮まされるのを
3,4度繰り返すような感覚があり
30分間のセッションが終了しました。


★2回目の遠隔リコネクティブ・ヒーリング:
1回目を受けた次の日、2回目のセッションを受けました。
1回目同様、自宅のベッドにて(以下略。

2回目もお腹をぐ~っと押される感覚があったのですが、
1回目はお腹→背中に押すのに対して、
2回目はお腹→頭のほうへ上に(横に?)押されきるような感じでした。

その後、上半身が勝手に右左へとゆすり動かされました。
※こちら、感覚なのか本当に体が動いているのか、
自分でもわかりませんが体感としては強い感じ

ゆすり動かされるのが落ち着くころには
2回目のセッションも終了となりました。


あれはおそらく小学生の頃、
部屋が縮んできて息苦しい~!といった金縛り?経験がありましたが、
今回のレジスター反応はどれも(もちろん)不快な印象なく、
快であり、実に面白い時間でした♪


今回のセッション体験後、
夜寝るときにベッドに横になると
2回目のレジスターに近い反応が起きたりします。

今後もリコネクション周波数の癒しによって
自分の中におこる変化を
見つめていきたいと思います。


最後になりましたが、
この度、セッション提供していただきました
サッチーさま、誠にありがとうございます♪

2回目のセッション後の、お電話の際、
やさしい愛溢れる声にも大変心地よさを感じました。
心から感謝しております。

またサッチーさまとのご縁つないでいただきました
kazuさまにもこの場をお借りしてお礼申し上げます。
いつも愛溢れるエネルギーを本当にありがとうございます。
心から感謝しております。


リコネクティブ・ヒーリングご興味、ピンと来られた方は
kazuさま、サッチーさまのコラボセッション
「愛があふれるセッション
にお問い合わせされてみてくださいませ。

最後までお読みいただきまして、
誠にありがとうございました。
あなたさまとのご縁に心から感謝いたします♪
無条件の愛のもとに^^


0 コメント:

コメントを投稿

気付きがあれば何でもシェアしてください!