2015年1月12日月曜日

パートナーは自分の心の投影である、とは?



いつも読んでいただきありがとうございます♪
とっても嬉しいです♪ 幸せです♪ 心から感謝いたします^^
まーほ @makarahodesign です。

夫婦関係・離婚でお悩みの女性
愛溢れるエネルギー、メッセージをお届けします!

今日のテーマは
パートナーは自分の心の投影である、とは?
についてです。


2回シリーズものです。

鏡の法則、って聞いたことはありませんか?
実は周りの人はすべてアナタさまの鏡であり、アナタさま自身なのです。

「あんなわからずやの彼と一緒にしないで!」

そうですよね、そんな風に感じてしまうかもしれません^^

この鏡の法則って捉え方が2つあるのではないかと感じています。
一つは心の投影、もう一つは反射鏡です。

今日は心の投影について、フォーカスを当ててみようと思います。

***

パートナー(他人)は自分の心の投影、です。

目の前にいるパートナー(他人)に対して、

「ココが嫌だな〜」
「もっとこうしてくれたら良いのに」
「普通こうするべきでしょ?!」

と不快に、不満に感じている部分はすべて
自分自身にも同じようなところがある、ということですね。
パートナー(他人)はそれを見せてくれているだけなのです。

逆にパートナー(他人)に対して、

「こんな素晴らしい人はいない」
「なんて素晴らしい人なのだろう♪」
「大好きだな〜」

と心地よく、満足している部分もすべて
自分自身にも同じようなところがある、ということなのです。
パートナー(他人)はそれを見せてくれているだけなのです。

アナタさまがパートナー(他人)に対して、
何を意味付けしているかに過ぎないのですね^^
【参考記事】ポジティブが良いわけではない、とは?

***

例えば、私は元夫のお金の使い方が嫌いでした。
パチンコ好きだった、元夫。
カード満額まで借り入れてパチンコ代に当てるのが信じられませんでした。

これも私の心の奥底にまで追いやられて
見えなくなってしまった影の部分の投影です。

というのも、お金に何の不安もなく、
使っても使ってもなくならないくらいに仮に持っていたら、
私も大好きなお洋服を買い漁るかもしれません。

少なくとも過去に叶○妹さまが高級ブティックの中で
(店の端から端までを指差して)「ここからここまで全部ください^^」
と衝撃のお買い物シーンをTVで見た時には
うらやましく思ったのを覚えています(笑)

同じお金を節約しなくちゃいけない環境にある中
元夫だけが、自分勝手にお金を使っているのが
うらやましく、ずるいって思ってたってことです。

だから嫌でしかたなかった。

当時の私は自分のことに平気でお金を使うのはいけないことだと
いう思い込み(ビリーブ)がありました。
お金に対して強い執着があったのです。

なので元夫のパチンコだけでなく、
しょっちゅう外食に行こうと提案してくる部分にも
いつもどこか疑問がありました。

何でもバランスなのですよね^^
私はお金を使えずにいすぎました。

なので、「もっと自分を喜ばすのにお金を使ってもいいんだよ〜」
ということを見せてくれていたのだろうと思います。
「お金に執着しなくても良いんだよ〜」とか。

現在お金は感謝のエネルギーだと捉えるようになりました^^
感謝の表現としてお金があると捉えていますから、
自分のためにお金を使うことにも抵抗がなくなりました。
自分を楽しませるために使うお金は、
その支払先に感謝のエネルギーを提供することにもなると感じているからです。
これもメンターのkazuさまとの出会いのおかげです♪
心から感謝しております!

***

現在の私であれば、
元夫にお金を使わせないように・・・というような、
相手をコントロールするようなことをしなくてすむと感じています。

事実自分の中の影の部分に気付き、調和・バランスが取れれば
現実世界も変わってくるのです。

これはアナタさまは新しい地球にシフトした、
ということなのですが、これはまた別の機会に^^

アナタさまの目の前に起こっている問題・悩みに
愛を見出すサポートをしています。

アナタさまがますます愛や喜び、豊かさに溢れますこと
心から祝福させていただきます♪

無条件の愛のもとに。
読んでいただきまして、ありがとうございました♪


0 コメント:

コメントを投稿

気付きがあれば何でもシェアしてください!