2015年1月10日土曜日

最悪の体験=最高の体験とは?


いつも読んでいただきありがとうございます♪
とっても嬉しいです♪ 幸せです♪ 心から感謝いたします^^
まーほ @makarahodesign です。

夫婦関係・離婚でお悩みの女性
愛溢れるエネルギー、メッセージをお届けします!

今日のテーマは
最悪の体験=最高の体験とは?
についてです。


昨日の記事からの続きになります。
よかったら、先に下のリンクからご覧下さい♪^^

(・・・前記事チェック中・・・)

というわけで!(笑)
アナタさまの経験した最悪の体験も
調和・バランスをとることで愛=宝の経験にできるのです♪
素晴らしいですね♪ 感謝ですね♪^^

***

前回の記事から、例え話をもう一度。

例えば男と女という2元性、組み合わせに
良い悪いもありませんよね?
男性も素晴らしいですし、女性も素晴らしいのです。

そもそも、男性や女性、その他のイベント自体には
良いとか悪いとかの基準は本来ありません。

ただそこに存在しているだけ、具現化しているだけなのです。

そこに
「男っていうのは〜〜〜なものだ」
「女っていうのは〜〜〜なものだ」
と主観的な意味付けをしているだけなのです。

『嫌われる勇気』などの著書で有名な
アルフレッド・アドラーという心理学者が
「世界はシンプルだ」
と説くのは、こういうわけです。



物事自体に良い悪いの差はありません。
存在しているだけ、なのですね。
出来事として起こっただけ、なのですね^^

***

言葉の力って本当に偉大で、
その物事に「名前」がついたとき、
一緒に意味付けもくっついてきます。

例えば、男と女で表現すると性別の差ができますが、
ひとくくりに「人間」として彼らを表現すると
そこに男であることとか、女であることとは、
まったく関係なくなるのです。

これはつまり、アナタさまがアナタさまの抱えている悩みを
悩みだと思い込んでいる、意味付けしているから、悩むのです。

アナタさまが経験した最悪の体験も「最悪の」体験だと
アナタさまが主観的意味付けをするから
「最悪の」体験になるのです。

アナタさまが経験した最高の体験も「最高の」体験だと
アナタさまが主観的意味付けをするから
「最高の」体験になるのです。

まるで言葉遊びのようですか?^^

でも、こんな表現ができるくらいに
物事、出来事には意味などないのです。
良いも悪いも本来くっついていないのです。
全部アナタさまがそれを
「○○だ!」と意味付けするから、
「○○に違いない!」と思い込む(ビリーブ)から、
「○○」になるのです。
「○○」が創造されて、目の前に具現化するのです。

***

今の悩みを、例えば夫婦の問題を、
「そういうイベントが起こっているんだな」
と距離を置いてみてみましょう。

アナタさまが問題だと感じているからには
そのイベントのマイナス面がはっきりと見えているのだと思います。

この世は2元性でしたね?
コインに裏があるということは、表が絶対あるのです♪

そのイベントのプラス面はどんなことがあるでしょうか?

アナタさまがそのイベントにマイナスを感じれば感じているほど、
それと同じだけのプラスがあるのです♪

そんなプラス面を探すお手伝いをしています^^
お気軽にご相談ください。

離婚や夫婦再構築でお悩みの方のご相談に乗ります。経験者の生の声聞いてみませんか。

アナタさまがますます幸福な愛の光、エネルギーに包まれますこと
心から祝福させていただきます♪

無条件の愛のもとに。
読んでいただきまして、ありがとうございました♪

0 コメント:

コメントを投稿

気付きがあれば何でもシェアしてください!