2014年10月1日水曜日

【12週間の旅日記】(11日目)創造性に対するイメージを書き換えるとは?


ご縁に感謝いたします♪
まーほ @makarahodesign です。

12週間の旅、順調に旅を続けております。
実はこの旅を始めてから、ビックリすることに
ブログの更新が順調です(笑)
朝、モーニング・ページに30分以上の時間を
費やしているにも関わらず、です。すごい。

さて、今日のテーマは
創造性に対するイメージを書き換えるとは?
についてです。



創造性ってどうもピンっ!と閃いたとか
奇跡的な閃きが降りてくるまで待つみたいな
自分ではどうにもコントロールできないもの
といった印象を持ちがちではないですか?

少なくとも私自身は
創造性の旅に出て、創造性というものに向き合うまでは
潜在意識レベル(無意識)でそう思ってました。

「創造性とは選ばれた人が持つもの」
「特異な才能」
というイメージを信じていたということですね。

しかし、旅に出始めて今日で11日目。
そうではないなと思い始めています。

「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」の著者
ジュリア・キャメロンさまが
みんな創造性を持ち合わせているというのは
やはりなのであるということを
感じるようになってきています。

「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」


この本を買った同時期に、
実は以下の本も買っていました。

「クリエイティブ・マインドセット
〜想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法〜」


この両方の本に「創造性」というキーワードが隠されていた?
なんて、購入している時点では気付いていませんでした。

素敵な引き寄せ!大感謝♪

旅の合間に平行読みしているのですが、
その中の


クリエイティブとは行動と改良の繰り返し
だとか

創造性とは常に結果論
と言った記述にはっとさせられました。

多くのクリエイティブと呼ばれる人たちは
ただ驚異的な閃きが降りてくるのを
待っているわけではありません。

常に今できることを行動して
それに対して改良に改良を重ねて
完成形にまで仕上げているのです。

決してはじめから完成形のと呼ばれる状態を
閃いているのではないということです。

もちろん、目指す形を全くイメージできないまま
がむしゃらに走っているという訳ではありません。
最初にイメージする力も必要です。

でも、その奇跡かと思われるような
閃き、創造性を
行動、改良を重ねることで達成している。

「自分には閃くような創造力なんてないんだ。」
と、いうことを信じていたら
何か行動1つを起こすこともできませんよね。

潜在意識レベル、無意識に信じてしまっていること
私たちが行動を選択するのに大きく影響してきます。

価値観や信じていること、今までそうだと思い込んできたこと
マインドセットと呼ばれるものは
自分がどういうものを所有しているか気付けたときから
手放し、選択し直し、変えていけます。

アドラーでいうライフスタイルの選択ですね。

何かことを始める時、
自分がどんな価値観を持っているのか、
自分がどんなことを信じているのか、
自分がどんな制限の中に生きているのか、
認識し、見直してみることが大事だと
改めて気付きを得る機会となりました。

これも1回でなく、繰り返し、改良を
繰り返していけば良いのでしょうね♪^^

読んでいただきありがとうございました!
感謝いたします♪


0 コメント:

コメントを投稿

気付きがあれば何でもシェアしてください!