2014年9月26日金曜日

【12週間の旅日記】(6日目)モーニング・ページの魅力と私なりの解釈


ご縁に感謝いたします♪
まーほ @makarahodesign です。

今日のテーマは
モーニング・ページの魅力と私なりの解釈
について書いてみようと思います。

本当はモーニング・ページ(以下、モニペ)と
アーティスト・デートの他に、
今週やるよう指示されているワークを
ご紹介しようと思ったのですが、
上記テーマについて書きたくなったので、
先にそちらを取り上げてみようと思います。


6日目も無事モニペを書き終えました。(ぱちぱち!)
本当に脈絡なく話が展開しています。
今日はでも感謝の言葉をいっぱい書いた気がする。
読み返すのは少なくとも8週以上経ってからとのことですが、
毎日の文章に当然ながらつながりがありません。
(と思います、まぁ多少かぶることはあるでしょうけども。)

埋めている文字全部が全部建設的な内容なわけではなく、
当然ながら、
「あ~今日はまだ眠たさが残ってるわ~、ねむいねむいねむい」
なんてことも書いたりするわけなんですが、
それでもOKなんだというのが、モニペの魅力です。

さてさて、実は自分の脳内を掃除する?ようなワークを
私はモニペ以外にも以前目にしています。
ブレインダンプ」と呼ばれるエクササイズです。
こちらの記事がわかりやすそうです。
【参考ページ】ブレインダンプ:ビジネスの基本

先に言ってしまうと、こちらの方法は
今(過去)の私には合いませんでした。
テーマを明確にして書くという部分がモニペと大きく違います。
このテーマを用意して吐き出す行為は
何も出てこなかった時に大きく凹みます。
自分の創造力、思考力にガッカリしちゃうんですね。
(私は、です。)
モニペが苦しくてブレインダンプなら合う人も
いるかもしれませんね^^

もしかしたらこの12週間の旅を終えるころには
ブレインダンプを使いこなせる自分になっているのかもしれません
私にとってはちょっと上級者なイメージってことです!

---[2014.10.1 追記]------------------------------------------------------------
テーマを明確にして書くブレインダンプについて、
自分の物欲、エゴ(自我)を手放すためのワーク
ではないか
というご指摘、アドバイスをいただきました!

執着を手放すワークだと思えばしっくり。
うまくできなかったのは、
執着が少なかったと捉えよう♪(笑)
ちょっとモニペの脳の掃除とは役割が違うようです。

どちらが今の自分に必要か、
参考にしていただければ嬉しいです^^
--------------------------------------------------------------------------------------


話は変わって。。。
モニペに関してちょこっと懺悔?すると
実は2ページしか書いていません!(ごめんなさい。)

まず「ずっとやってみたかったことを、やりなさい。」の中で
モニペ用ノートのサイズや文字の大きさに指定がありません。

私はB5サイズのノートに
比較的小さめな字でみっちり書いています。
もしB6サイズで書いていたり、もう少し文字のサイズを大きくすれば
3ページにはなると思うのです。

だいたい手を止めずに書いても30~40分くらいは
モニペに時間をかけていますので
今のスタイルであれば2ページで良いのだろうなと感じています。

実際に見開き2ページで収めているので、
次の日、昨日書いた内容が目に入ってくるというような
トラブルもなく
良い感じです^^

また、もともと「The Artist's Way」という英語の書籍の翻訳版です。
英語で書いた方が文字数が自然と多くなりますから(たぶん)、
3ページくらい書いた方が筆者の感覚では
ベストだったのではないかと思っています。
(実際同じように感じている方もいらっしゃるようです。)


モニペの効果かわかりませんが、
昨日、前から頭の中に思い描いていたプランを
ばーっと組み立てて1枚の資料にまとめることに成功しました!
すっきり~で嬉しいです♪

明日は7日目、旅開始から一週間です。
週に一度チェックインという名前で、
一週間を振り返る時間を取るように
旅のプランナー(著者)、ジュリア・キャメロンさま
に言われています(笑)
私の場合は毎週土曜日がチェックインの日になりそうです。
また明日、旅の様子をつづらせてください^^

「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」
ワーク楽しいです♪


読んでいただきありがとうございました!
感謝いたします♪


0 コメント:

コメントを投稿

気付きがあれば何でもシェアしてください!