2014年9月23日火曜日

【12週間の旅日記】(3日目)創造力を発揮する「モーニング・ページ」とは?


ご縁に感謝いたします♪
まーほ @makarahodesign です。

12週間の旅、本日で3日目です。
明日でやめれば三日坊主になりますが(笑)
ブログに書き続けることを理由にすることで
続けていける自信があります。

さてさて今日は本書で挙げられている
「モーニング・ページ」というワークについて
ご紹介させていただきます。


モーニング・ページとはなんだろう?一言でいうなら、三ページほどの手書きの文章であり、意識の流れをありのままに綴ったものだ。(中略)もっとくだけた言い方をするなら、それは「脳の排水」と呼んでもいいかもしれない。脳の中を掃除することが目的だからである。
と、そのまま引用してみましたが、
モーニング・ページはまさに脳の掃除だな〜と
3日目にして感じており、今朝そのように最後書き記して
モーニング・ページのワークを終了しました。

モーニング・ページを書く際のルールは3つ。
1)いつもより30分早く起きて書く。
  名前の通り、朝にやるワークということです。
  私は4月から朝方になりまして、今も続いており
  最近は4時〜4時半、遅くとも5時には起きて活動しています。
  明るくなるのも遅いし、寒くなってきましたし、
    冬も早起きで過ごせるかがちょっとした課題だったりします(笑)

  ↑
  早起きの素晴らしさについては
  メンターのkazuさまのブログをどうぞご覧下さい!^^

  朝、感謝ノートを書いてからのモーニング・ページが
  日課になりそうです♪

2)とにかく何でもいいから手書きでノート三ページを埋めること。
  気分が乗らなくても書く。紙に書く。
  何を書いてもいいから、
  絶好調のときは絶好調なりに書けばいいし、
  沈んでいるときは沈んでいるなりに書けばいいし、
  ストレスがたまっている時にもありのまま書けばいい。

  「(何書けばいいかわからない・・・)」と思っているなら
  そのままそのようにノートに書けばいい。
  でも、最後はポジティブな言葉で終わるといいよ。
  書式、形式は自由!とにかく三ページ埋めること。

3)書いたものは読み返さない。
  自分にも他人にも見せない。
  なんなら封筒に入れて隠しちゃう。
  少なくとも8週間以上経ってからでないと
  見てはいけない。
  書いた内容より書ききること自体に価値がある。


やってて感じたのが「まるで夢のようだな」ということ。
夢って話の流れが急展開したりしませんか?
このワークで書き綴る文章も、
最初の書き出しからは想像できない形で終わったりします(笑)

このワークの狙いはおそらく右脳さんを働かせること。
ルールを決めて論理立てて書くというのは
言語に強い左脳さんの仕事。
それを思いつくまま正しいとか正しくないとか
上手いとか下手とか、良いとか悪いとか
何にも考えずに浮かんできたまま書くのは
右脳さんの働きで書かれる文章なんでしょうね。
そのうち自由に潜在意識にもアクセスできるかも♪

毎日朝右脳さんを働かせるんですから、
今までと全然違う世界にシフトしていくんだろうな〜と
今からわくわくしております♪

「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」
さらに詳しく知りたい人は書籍でどうぞ!


読んでいただきありがとうございました!
感謝いたします♪


0 コメント:

コメントを投稿

気付きがあれば何でもシェアしてください!