2014年7月4日金曜日

知識を知識で終わらせない!知識を知恵にしよう


ご縁に感謝いたします♪
まーほ @makarahodesign です。

今日は知識と知恵についてのお話です。

知識と知恵。
言葉は似ていますが、
そこには大きな違いがあります。

コトバンクから引用すると

ち‐しき 【知識/×智識】

[名](スル)
 知ること。認識・理解すること。また、ある事柄などについて、知っている内容。「日々新しい―を得る」「―をひけらかす」「予備―」「幸福とは何かと云う事を明細に―して了っている」〈長与竹沢先生と云ふ人
 考える働き知恵。「―が発達する」
 (多く「智識」と書く)仏語
仏法を説いて導く指導者。善知識。
堂塔仏像などの建立金品を寄進すること。また、その人や金品。知識物。
対象外界実在すると認める心の働き。
 《 knowledge /(ドイツ) Wissen 》哲学で、確実根拠に基づく認識。客観的認識。

と、


ち‐え 〔‐ヱ〕 【知恵/××慧】
  物事道理を判断し処理していく心の働き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力。「―を借りる」「生活の―」 (智慧)仏語相対世界に向かう働きの智と、悟りを導く精神作用の慧。物事をありのままに把握し、真理見極める認識力。
とあります。

難しいですね(笑)

簡単に言うと、

知識は「知ること」
知恵は「知っていてかつやっていること」

です。

つまり、知って実際に行動することで
知識が知恵になるのです。

メンターに教えていただきました。

これ、大事です。

ノウハウ本を買う人の多くは
それを使いこなすことこそが
真の目的であるはずなのに、
知識を集めるただのコレクターになっている
場合がよくあります。

どんなに素晴らしい知識も
使わなければ何の価値にもなりません。

おばあちゃんの知恵が素晴らしいのは
実際にそれを行動に移していて
信頼性があるからですよね。

人は頭の中の知識より
実践された真実に重きを置くものです。

ぜひ知識を知恵にするべく
インプットだけでなく、アウトプットに
力を入れていきましょう!



0 コメント:

コメントを投稿

気付きがあれば何でもシェアしてください!