2014年7月3日木曜日

相手をコントロールしたいと思っている人へ



ご縁に感謝いたします♪
まーほ @makarahodesign です。

実は昨日社長が従業員の心をひとつにしていくには
どうしたらいいだろうかという相談を
(私だけではありませんが、)受けました。

そんな時に気付かされたお話を今日は書いてみます。


これ、人が違えば誰しも悩む部分かと思います。

自分が伝えたい思いが相手に届いていない。
相手にこうなってほしいのになってくれない。

どうすれば良いかは一択です。

相手に話を聴いてほしいなら、
まず先に相手の話を聴くことです。

相手はコントロールすることはできません。
それは例え社長と言う立場であってもです。

確かに所属の采配はできますが、
実際心がひとつになっていないと感じているわけです。

相手を変えたいと思うのは、自分のためですよね。
今回の場合それが会社のためとも取れそうですが、
その会社のための変化に従業員が納得できていない、
不満がある状態では、本当の意味で従業員のためになっていません。

まずは、相手の話を全力で聴くこと。
聴いて初めて自分の意見にも耳を傾けてくれるようになるんです。

相手を理解すること、受け止めようとすることは、
負けではありません。
愛です。

リーダーになる人はビジョンを持ち、
みんなをまとめ引っ張る力も大切ですが、
すべて愛がベースでないと
余計に力が必要になってくるのではないかと思います。

人間関係の問題ってさまざまで
難しいと思われがちですが、
根本たどればすべて「愛」の問題なのではと思った次第です。

あ〜直接ご相談を受けた時、
このようにお伝えできればよかったのですが、
ここをお伝えする前に私は
「従業員の不安、不満を取り除くべく
未来のビジョンをわかりやすく明示してはどうですか?」
とアドバイスをしました。

これも間違いではないと思うのですが、
聴くと飛ばしてはいけないなと気付きました。

本日メールでお伝えしようと思います。

アナタも相手の話聴けていますか?
「人がしてほしいことをしなさいね」
なんて教えられてきましたが、
この「人がしてほしいこと」は
今「自分がしてほしいこと」と同じだったりします。

すぐに気付いて、まず相手のために行動できる
自分でありたいですね。




0 コメント:

コメントを投稿

気付きがあれば何でもシェアしてください!